ネット銀行のカードローンは即日融資可能?

銀行カードローンの人気ランキングの中でも上位を占めているのがオリックス銀行カードローンや住信SBIネット銀行ネットローンプレミアムコースなどといったいわゆる「ネット銀行」のカードローンです。ネット銀行のカードローンは、大手銀行のカードローンと比べますと最低金利が3%台のものがあるなど低金利なものが多く、大変魅力的なカードローンとなっています。
しかし、審査スピードをみてみると、そこは大手には今一歩適わないところが多いようです。というのも、三菱東京UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンと三大メガバンクのカードローンがそれぞれキャッシング今日融資可能としているのに対し、ネット銀行のカードローンはそれほど即日融資に対応しているところはないからです。
ネット銀行系で即日融資に対応しているのはじぶん銀行カードローンじぶんローン、イオン銀行のカードローンBIGなど割と限られてきます。ネット銀行というと対応が早そうな気がして意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり低金利な貸付けを行う分、貸し倒れリスクを避けるためにも審査を慎重に行う必要がありますから、それに見合った審査期間がかかるのも納得できるものです。
さらに大手の場合には即日カード発行が可能なシステムが整っていたり、また自社グループの中に大手消費者金融を要していて保証会社としているなどといった部分もスピード審査の要因の一つとなっているのでしょう。即日融資をより低金利なカードローンで!と思うのであれば、大手銀行のカードローンを選択してみるといいでしょう。

消費者金融を申し込むには

キャッシングを始める時、キャッシング会社の審査に通れば融資を受ける事ができますが、審査を受ける前に申し込みをしなければなりません。消費者金融を使ってキャッシングをする時の申し込み方法はどのような方法があるのでしょう。

総量規制対象外のローンを申し込む方法として、「web完結」「スマホ完結」「web契約」などそれぞれの金融会社で呼び方は違いますが、インターネットを使った申し込み方法や、自動契約機、店舗窓口、電話などさまざまな申し込み方法があり、自分の環境にあった申込方法が選べ、パソコンの普及やスマートフォンの普及によりいつでもどこからでも申込ができるインターネットを使った申込が主流となり、審査に通ればその日に口座にお金を振り込んでもらえるといった即日融資が可能になっています。

その日に現金が必要な方は自動契約機から申し込みをし、審査に通ればその場でカードの発行が行われ、それを使ってATMから現金を引き出すといった方法や、インターネット申込みで仮審査まで終わらせて自動契約機へ行き、本審査が終わればカードが発行されるといった申込方法があります。

申し込みをした後審査がありますがその審査で在籍確認が行われ、在籍確認は担当者が会社へ電話をかけ本人がつとめているかの確認する方法をとっているところがほとんどですが、どうしても電話の在籍確認は困るといった場合、「モビット」や「プロミス」を申し込めば在籍確認は書類の提出だけで終わりますので、こちらの利用を検討されるのもいいかと思います。

初めてのキャッシングは信頼性&安心感から選ぶのがベスト

どこで借りるのが安心?どこのどのカードが一番金利が安い?月々の返済はどのくらいになるの?初めてのキャッシングは、なにかと不安もつきものですよね。キャッシングサービスを提供する金融機関は沢山ありますし、カードの種類も豊富なので確かにどれを選んだらいいのか迷ってしまうことでしょう。

初めてのキャッシングであれば、キャッシング利用デビューということですから、過去に金融トラブルがない、ということで安定した収入があれば、審査自体は通りやすい傾向にあります。ただし、反面「実績」もないため初めからそう高い利用額を設定してもらうことはできない、と考えるのが無難です。つまり、例えば年収600万円あるからといって初めから200万円、300万円……といった高額融資は望めない、ということです。

ですが、逆に言えば30万、50万程度のお金であればすぐに借りられる可能性もかなり高く、比較的審査が厳しいといわれている銀行や銀行系消費者金融のノーローン審査もクリアできる可能性は十分あります。

なので、初めてのキャッシング先は、信頼性&安心感の高い大手銀行、大手銀行系消費者金融に申し込むのがおススメです。大手であれば金利も低めに設定されていることが多いですし、個人情報の取り扱いも慎重に行われているので情報漏えいの心配もまずないと考えることが出来ます。金利も大きなポイントとなりますが、情報管理、という面でも大手は安心感が違います。

消費者金融会社とは

消費者金融会社とは、どんなものかご存知でしょうか。
キャッシング会社という名前がより聞き覚えあるかもしれませんが、消費者金融会社とは、困ったときにお金を融資してもらえる業者のことになります。

消費者金融会社のはじまりは、おそらく想像されているよりも以前の話になります。そもそものはじまりであろうとされているのは、1929年(昭和4年)とされており、1956年(昭和31年)には、いわゆるサラリーマン金融と呼ばれるものも登場してきました。そして1970年以後には銀行によるカードローンなども登場し、より一般市民にも浸透していくことになります。

しかし、消費者金融会社、特にサラリーマン金融と聞くと、利用するのは危ないことなのではないかと危惧される方がいらっしゃいます。
というのも、昔の消費者金融会社は法律が今ほど厳しくなかったこともあり、高金利での貸付による問題が度々起きていた背景があります。
そのようなイメージが近年でもやはり拭いきれてはおらず、消費者金融口コミを利用することをためらう方はいらっしゃいます。

ですが、現在では度重なる法律の改正がなされ、年収の3分の1以上は融資をしてはいけないという総量規制の制定や、金利の上限を定めた利息制限法により、消費者金融利用者が借金により首が回らないような状況には早々ならないような取り決めがされております。
現在の消費者金融は、利用者が誤った使い方をしない限りは、とても安全なものなのです。

プロミスの取引履歴はどうやって開示請求するの?

過払い金返還請求を行う際に必要となるのが、その会社での借入から返済まですべてを記録してある取引履歴です。取引履歴は開示請求に従って開示する義務があるはずなのですが、行っても開示してくれない貸金業者もいます。こうした対応をとられたときのために、取引履歴の開示請求は電話ではなく文書で行うのがよいとされています。

プロミスの取引履歴の場合はどうやってか開示請求すればいいのでしょうか。口コミなどをみてみると、プロミスコールに電話をしてアクセスする人は多いみたいですね。しかし、すんなり開示してくれるかと思いきや、なんで開示してほしいのか、誰に見せるのか、過払い請求に使うのか?などといった質問攻めになるケースもあるようです。

もちろん、すんなり行ったというケースもあります。電話で請求するという場合には、その場で本人確認がされます。開示請求から取引履歴が届くまで1週間から10日ほどかかります。また店頭で請求することもできますがその場合には公的機関が作成した本人確認書類を持参し、約2週間ほどで店頭で取引履歴を受け取ることができます。

また、最近の取引履歴をちょっと確認したい、というような場合でしたら、会員サービスで取引履歴の照会を利用することができます。会員サービスはパソコン・ケータイ・スマートフォンの会員サービスにログインして、誰でもすぐに利用することができますよ。

フリーローンはすべて闇金というわけではありません

闇金を利用しないように、フリーローン選びは十分に注意をする必要があるのです。テレビコマーシャルをしているような大手フリーローンなら大丈夫ですが、小さなフリーローンなどではもちろんきちんと営業しているところもあるのですが、なんとなく不安を感じてしまうこともあるかもしれません。

アコム、プロミス、モビットなどといったように名前がすぐにはわからないフリーローンを利用するまえには、必ず貸金業協会のホームページから登録業者かどうかを確認しましょう。フリーローンは登録番号とともに更新回数が明記されているのですが、闇金などはこの番号などを詐称していることもあるのです。

悪徳な業者は、減ってはいますが全くなくなってしまったわけではありません。違法な金利や、取り立てなど今では絶対に行われないようなことを平気で行うのが悪徳業者なのです。

また、闇金ともちがって詐欺を行うようなケースもでてきています。これは大手フリーローンの名前を使い、保証金などといってお金を振り込ませるような手口を使っています。もっともらしいDMやFAXなど、だまされてしまうような方法をあの手この手で行ってきますので注意が必要になります。

冷静なときはまさか自分はそんなことにはだまされないと思うものですが、お金に困っているときは、業者をきちんと確認することなく借り入れしてしまうこともあり得ます。借り入れ前にしっかりと確認すること、いかなる理由があっても自分がお金を振り込むのはおかしい、ということを知っておく必要があります。

定期預金を考えているならオリックス銀行

オリックス銀行は、保険や証券会社など金融業務を中心に多角的に経営を行っているオリックスグループの手がけるネット銀行です。2011年、信託業務の取扱がほとんどなくなったことからオリックス信託銀行からオリックス銀行へと名前が変わりました。このオリックス銀行、カードローンでも低金利で人気ですし、その他不動産ローンや住宅ローンなどの商品ももちろん扱っているのですが、一番の特徴はなんといってもネット銀行の中でもひときわ高い定期預金金利です。

ネット銀行というと、店舗を持たない分人件費などコストが抑えられるので利用者にサービス面で還元しているのだといいます。そのため店舗をいくつも持つような普通の銀行と比べて定期預金の金利が比較的高めな設定になっていて、定期預金金利比較ランキングなどをみると上位はほぼネット銀行で占められています。そんな平均的に金利が高めなネット銀行のなかでも、オリックス銀行の定期預金金利は圧倒的に高水準を維持しているのです。

オリックス銀行の預金にはeダイレクト預金というインターネット取引専用預金があるのですが、その特長として

● 預金口座が全国どこからでも開設することが可能
● 支店を持たずに経営コストを下げることで少しでも高い金利を提供
● 通帳・キャッシュカードは発行しない

といった3つの特長をあげています。インターネット専用だからこそ、こうした有利な金利が実現するという訳です。

参考サイト(銀行カードローンの審査基準|審査に通りやすい人の条件とは?)

アコムの審査はどんなことが基準になる?

アコムで審査がどのように行われるのか、それは実際のところ詳細を知ることはできません。
借りる方法が周知されてしまってはそれに合わせた対策が取られてしまいますのでプロミス審査だけではなく消費者金融、そして金融業界全体の秘密事項となっています。

しかし、これまで数々の方が審査を行い、そして仮審査である3秒診断もあることでどのようなことが審査に重要になってくるのかが見えてきます。
前述の「お試し診断を利用してみる」でもご説明いたしましたが他社からの借り入れ件数が大きな条件となっている傾向にあります。
こんな事例をお話ししましょう。

他社からの借り入れ件数が3社でそれぞれの融資限度額が30万円の場合です。
この時に総額が90万円となります。
1977年1月生まれで独身男性。
上記の条件で3秒診断を行うと融資可能と判断されます。

反対に同じ条件で借り入れ件数を4社にし、融資限度額が30万円でも現在の借り入れが90万円であるとして3秒診断を行うと融資可能か判断できずとされます。

融資可能かどうかの基準として借り入れ件数があることがわかってきました。
借り入れ件数が3社であれば30万円の限度額の内限度額いっぱいまで利用したとしても90万円、100万円を下回ることになります。
借り入れ件数が4社で限度額が30万円、現在が90万円の借り入れだとしても融資額に余裕がありますので限度額いっぱいにまで借り入れを行えば120万円、つまり100万円を超える可能性があります。
ここが審査の分かれ道となっているようですね。

バンクイックの審査基準

数あるカードローンの中でも、無担保ローンの銀行カードローンは一般的に審査が厳しいと言われています。その銀行カードローンの中でも審査が比較的厳しくないとされているのが三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

バンクイックは申し込み条件として、年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する人、原則安定した収入がある人という条件を設けていて、他では断られることのある学生や、本人に収入の無い専業主婦の方でも(配偶者に収入があれば)利用可能なカードローンになっています。学生やフリーター、専業主婦の方でも、その他の審査基準にさえクリアしてしまえば借り入れをすることが可能なのです。

では審査ではどのような点を見られるのか?まずは個人信用情報の確認ですね。今はCRINという信用情報機関の凶有するネットワークシステムがありますので、そこで信用情報の照会をすることから始まります。過去に返済の滞納であったりとか債務整理・自己破産等の法的処理をしていないかどうかなどを確認されます。過去にそうしたことがあると、信用情報には7年から最長10年はこの情報が登録され続けますので、この情報が消えない限りどこからもカードローンやキャッシングでお金を借りることはできません。また、同じ三菱東京UFJ系のアコムやモビットなどで返済に延滞があったりすると、同じグループ系だとその情報は半永久的に残るためその影響は大きいでしょう。

審査では他に、他社からの借り入れ状況の確認をして多重債務者であるかどうかの確認をされます。あとは収入や勤続年数等といった個人情報の確認、そして居住確認と在籍確認です。審査で見る点は、他のカードローン会社も大体同じような感じになります。

三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードを紛失した時

人気の高い銀行として一番になにが思い浮かぶでしょうか。
やはり赤がイメージカラーの三菱東京UFJ銀行という方が多いと思います。
キャッシュカードも真っ赤になっており、財布の中にあってもぱっと目につくものとなっています。
女性であればディズニーキャラクターのキャッシュカードを選ぶ方も少なくないのではないでしょうか。

三菱東京UFJカードは万が一紛失した場合、そしてキャッシュカードが使えなくなった場合にはどうしたらよいのか、確認をしておきましょう。

紛失や盗難が懸念される事態となった場合、すぐに喪失受付センターに連絡する必要があります。
それによってキャッシュカードを利用しての取引ができない状態にしてくれますので電話番号は万が一のために携帯電話のアドレス帳に登録しておくとよいでしょう。
受付時間はもちろん24時間365日となっています。

三菱東京UFJキャッシュカードの再発行は窓口で行うことになります。
本人が来店することが条件となりますが、必要書類を確認しておきましょう。
・通帳
・届け出印
・本人確認書類
・再発行手数料
これらが必要となります。
その場でキャッシュカードが発行されるのではなく1週間ほどで自宅に郵送となります。
また、スーパーICカードの場合には自宅に届くまでに3週間ほどかかることになります。

しっかりと保管しておかなければならないものということには間違いありませんが、それでも万が一のことを想定して確認しておくとよいでしょう。また、急な出費が重なってしまったときには、フリーローンなどの融資を活用するとよいでしょう。

殆んどのカードに保証や保険が入ってるってホント?

アコムなどの消費者金融カードを作らない人に多い理由として、正直に「怖い」のだそうです。確かに最近テレビのニュースでもよく見る機会がありますが、カード情報がサービス会社から何万人分流出しただの、なくしたなど色々あるようで怖くなる気持ちもわかります。けれども、実際にそのような事が起きたからといって、不正に使われたり、
又はその金額を個人で返済しなければならないという事は殆んどありません。

実際、長年色々なカードを使ってきた私ですが、そのようなことは一度もありませんでした。
しかも中には、テレビのニュースで流出してしまったカード情報のカードも持ってますが、不明な請求が来たことは一度もありません。それに万が一があっても大丈夫な理由があります。
それは各カードの保証や保険によって保護されている部分でもあります。

カードを持ってない人が作ろうとする際に、私によく聞いてくる質問として、保証とか保険とかがカードにはあるってホント?という内容です。そこで私がいつも答える内容は「そのとおり」という返事です。
カードによって色々な保証や保険があり、殆どのカードがまず加入していると言っても良いくらいでしょう。

例えば特に怖がっているのが盗難とかが多いですが、ちゃんと盗難保険も存在します。その他保証や保険に守られているので、よほど、不適切にあつかわなければ、保証の範囲内で保護されるので怖くはありません。もし怖いのでしたら、カード会社に電話でも何でもいいので、保証内容など聞いておくのも良い機会かもしれません、それで安心してからでもカードを作るのはできますので、心配な方は確かめてみると良いでしょう!

現金主義だけど、クレジットカードの後払いってどうなの?

現金主義として、代金の後払いということが最大のデメリットであると考えていました。

まずこの現金を後から払ってもよいという考え方にどうしても好感を持つことができなかったのです。

しかし、後払いでもよいことがあるということがわかりました。

特にインターネット社会になり、実際にその店舗に行かなくても全国どこのものであっても購入できる時代です。

それは私にとっても変わらないことであり、自分の足でいけるような場所ではなくてもテレビや雑誌で見た気になる商品をインターネットで探して購入するということはあります。

その時の支払方法としては先払いであれば実際にその商品が届くのかどうかという心配がありましたので代金引換という方法しか選択したことがありませんでした。

実際にその商品が届くかどうかということには、インターネットという匿名性の高い世界でその店舗が実存するのかどうかという心配もありますし、宅配時に何らかのトラブルがあったり、もしくは住所などの記載ミスによって自宅に届かないということも考えられると思うからです。

しかし代金引換を選択するには送料のほかに代引き手数料も発生します。

代引き手数料は315円になりますが、いくら以上であれば送料無料、代引き手数料無料ということになるとやはりその金額に達するようでなければ購入を検討してしまうということがありました。

クレジットカードではそのようなこともなく、支払方法の選択さえ間違えなければ手数料もなく、そして商品が届いていない場合には引き落としの停止を求めることもできるということでした。

総量規制対象外のカードローンも賢く使う人もいるようですね。

 

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカードに備わっている機能は二つあり、一つは「ショッピング機能」ということをご説明しました。
もう一つの機能である「キャッシング機能」についてご説明します。

これはいわゆる借金という認識で構いません。
クレジットカード会社からお金を借りるという機能になります。
ショッピング機能と違って利用した分の金額に対し利子が加えられます。
それを返済することになりますので10000円を借り入れた場合には既定の利子を加えた金額を返済することになります。

クレジットカードを敬遠していたり躊躇している方の心配な点はこのキャッシング機能がついているということもあるのではないでしょうか。
このキャッシング機能がついていると、本来であれば使わずに何とか解決できるような事態であってもつい利用してしまうということもあるかもしれません。
そして「万が一」という気持ちからクレジットカードのキャッシング機能をあてにしてしまうこともあるでしょう。

そういったことが不安の一つになっているのであれば、クレジットカードのキャッシング機能は利用しないということを契約の条件にすることもできます。
利用枠を0円にするということです。

これでショッピング機能だけを利用することができ、キャッシング機能なしのクレジットカードを作ることができます。

もしキャッシング機能を付帯して利用した場合には、消費者金融と変わりがないものになりますので短期間に返済することを決めておくことが望ましいでしょう。

カードローン 返済を考えた上で利用するのが賢い選択です。

 

使う前に現金としてみる

日常生活で欠かす事のできないお金は、昔は現金でやりとりするのが当たり前でした。お財布や小銭いれから出して、支払う。ある程度のお金は常に持ち歩くのが普通。しかしいまではクレジットカードなど、現金がなくても支払うことのできる技術が発達してきました。便利な反面、ついつい使いすぎてしまうという人も増えているんですよ。もしもお悩みでしたら、ちょっと現金のカタチで見てみるのもいいですよ。

たいしたことではありません。クレジットカードは、買い物のすぐ引き落とされるわけではありませんよね?少しの期間があってから、まとめて引き落とされて支払いが完了となります。引き落とし予定の口座に支払い代金だけを入れているという人は多くいます。ここで、一度封筒、もしくはチラシの上にでもいいので現金を広げてみましょう。

そのとき商品名は買ったものの使い道などを書いたメモも用意するといいですね。支払う予定の現金を目の前に広げることによって、これだけのお金を動かしている、という実感が得られます。普段カードでは数字だけが増えたり減ったりしますから、金銭感覚などが麻痺しやすいんです。ときおり現金で見ることによって、使いすぎなどを防止することができますよ。

使い道も幅広いクレジットなどは、使い方次第でいいツールになるものです。クレジットカードを利用するときは、くれぐれもお金がしっかりと動いているという感覚を忘れないようにしてください。